今まで知らなかった納骨堂のQ&A

ご先祖を大事にするという思い。

広義には、仏を祀る壇全般を指し、寺院の仏堂において仏像を安置する壇(須弥壇)も含まれるが、現代日本語で「仏壇」と言えば、通常上記のように家庭内に安置するものを指す。廃仏毀釈やキリスト教の布教自由化に危機感を抱いた仏教諸宗派は、近代仏教へと変革を遂げるためにそれぞれ宗門大学を設立し、優秀な後継者をオックスフォード大学やケンブリッジ大学などの西洋へと宗費で留学させ、帰国後、彼らを宗門大学の教授に任命し、仏教学の発展を図った。駒澤大学、愛知学院大学、龍谷大学、武蔵野大学、大谷大学、立正大学、大正大学などの仏教系大学では仏教讃歌が入学式や卒業式などの行事の際に合唱団により歌われている。武帝亡き後の北周政権内の政権争いに勝利し、納骨堂隋朝を建国した文帝は、この問題に対して、仏教・道教の部分的な復興という政策をとり、更には、一面、儒教に代わって仏教を主とする地位に置き、儒教・道教を副とするかのような政策をとった。また一説によれば「瓦」(kapāla、鉢)や「鳥居」(torāna、仏塔の垣門)も、仏教用語が起源であると言われている。親政後の武帝は、この問題に対し、仏教・道教の二教を廃し、儒教のみを、自国が表面上標榜している古代の周朝への復古主義のもと興隆させるという政策をとった。僧伽は、一般に「教団」と言ってもよいが、初期仏教では信者などを含まなかったので、今で言う教団ではない。仏壇の起源については「持佛堂(ぢぶつどう)→仏壇説」と「魂棚(たまだな)→仏壇説」の2説ある。仏教用語は、仏教発祥の地であるインドが起源であり、そこで生まれた様々な用語は中国において、般若や三昧など、発音に漢字を当てはめた音訳、或いは識、空など意味の該当する漢字に置き換えた意訳の2種の方法によって中国語化され、更にそれらの漢字化された仏教用語は日本に伝わり、有頂天や玄関など一部の言葉は、一般社会においても日常語として使用されるようになった。
[PR]



by fsadfkopd78 | 2010-06-12 07:45

納骨堂についての紹介をしていきます。
by fsadfkopd78
プロフィールを見る
画像一覧

その他のジャンル

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧